タオバオ(淘宝網)とは

 

淘宝网(タオバオ)とは、1日あたりの平均閲覧ページ数が10億PVと言われ、取引高も80億円を超えます。

 

総商品も5億品目と言われる巨大マーケットであり、中国国内におけるEC市場の取引総額約80%のシェアを独占している人気サイトです。

 

現在の淘宝网(タオバオ)での1日の売上高は約40億円を超えるとされ、2010年の売上高は約4000億元(約5兆円)。

 

世界EC市場の中で一番の急成長を遂げると言われております。

 

2010年度、会員総数の1億7500万人を超え、個人でも気軽に参加可能なオークション形式をとって顧客数を伸ばしています。

日本製品は中国で人気がある

中国の高度経済成長は半端ではありません。
ネット人口が日本の10倍、市場が日本の比ではないからです。

 

経済成長による必然的な結果であり、5年後には高級品消費大国で世界1位となっている日本を超えると言われています。

 

人気や信頼性が高いけど価格面では高いとされる「日本製品」は中国市場の欲望を満たす「格好の餌食」であり、
ブランド志向が高くなった中国市場においては、日本製品は最も重宝されやすい商品の一つと言えるでしょう。

 

すでに月1000万かせぐ日本商品の店舗も出始めています。

 

日本からの店舗出店はまさにこれから勝負といえます。

タオバオでできること

タオバオでは

  • 出品
  • 出店
  • 落札
  • 買い物

 

ができます。

 

お店を出す、買い物をするのが基本です。楽天と基本は同じですね。

 

タオバオは、なんと出店料も無料なのです。さらに商品が売れたときの手数料もありません。

 

だから、楽天の出店者はもともとリアル店舗をもっている人などが多いですが、タオバオは個人でも気軽に出店できてしまいます。

 

 

タオバオ(淘宝)への出店や購入代行は…【タオモール】

中国市場で成功するには?

中国で成功するには?どうすればいいでしょうか?

 

日本のブランドがタオバオで成功するには、何が必要でしょうか?

 

日本からタイバオに出店しているブランドで、成功しているショップはまだ少ないのが現状です。しかし、中国で成功している日本の会社は確かに存在します。

 

成功した会社は、今後20年にかけて、中国の発展につれ、中国13億人から生み出される莫大な利益を享受することになるでしょう。外食産業では、すでに日本の外食産業の市場規模よりも、中国の外食産業の市場規模ほうが、3年前より上回りました。

 

あらゆる産業で成長の芽が茎に変わり、伸び始めているのが今の中国の姿です。やはり中国進出のチャンスを考えるなら今です。

 

私自身、日本のメーカーで中国進出の厳しさを4年ほど経験しました。その間に垣間見た、中国市場や、中国市場で成功するための法則などを、解説していきます。

 

 

日系外食チェーンに学ぶ中国進出の成功方程式とは

 

タイバオで成功するには?