タオバオで成功するには?

日本のブランドがタオバオで成功するには、何が必要でしょうか?

 

日本からタイバオに出店しているブランドで、成功しているショップはまだ少ないのが現状です。

 

安売りやコスト削減などの正攻法ははっきりいって中国では通用しません。
またブランディングがない店は、出店すると本物かどうかの問い合わせばかりが集中するように、中国人にとって信頼がありません。

 

中国では、信頼=ブランドなのです。
しかも、まともにブランディングコストをかけたら、大陸は日本の10倍はかかる市場です。

 

タオバオで売られている日本の商品の多くが個人輸入のため、関税などを払っていません。香港経由などのルートを利用して入ってくるため、日本の製品でありながら日本のネットショップで買うよりも安く売られているものもあります。

 

日本の品を横流しでだけ、コストダウンやブランディングの付与だけではまず勝てないのです。

 

しかし、タオバオ自体の競争はますます激しくなるだろうが、市場規模は今後も大きくなるはずです。
わずかな日本企業が勝っているとおり、日本企業に参入の余地もあります。

 

 

成功のカギは現地のニーズをつかむ、そして丸ごと合わせること

 

タオバオは、テストマーケティングの場ととらえるのが一番です。
時間をかけて、現地ニーズを割り出すこと、それが売ろうとしている商品のコンセプトにわずかでもあれば商機があります。

 

なければ、その商品は撤退すべき、というのが私の考えです。

 

「成功のカギは現地のニーズをつかむ」ことです。
タオバオはオンラインショッピングといえど、生活背景を理解できなければいけません。
また、中国国土は大きく、沿岸部と内陸部では、価値感、文化、生活レベルも大きく違います。

 

この雑多な中から、新たな現地のニーズを掴み取れるかどうかが、成功のカギです。